海の底から司法試験

都内大学生による司法試験合格に向けた勉強の備忘録

令和2年度司法試験合格発表

昨日16時に法務省HPにおきまして司法試験の合格発表がありました。

その結果、無事に合格することができました。毎年合格者の名簿が掲載される中国新聞でも私の名前を確認できましたので、間違いではなさそうです。


予備論文のときとは違って合格になるかどうかドキドキするといった心境はなく、16時まで普通に過ごして合格発表を迎えるという形になりました。合格率が高いとはいえ一応合格できたことにホッとはしています。


再現答案の作成は済んでいるので、司法修習の準備などが落ち着き次第ブログの方に挙げておきたいと思います。


ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

予備論文合格後の過ごし方

私が昨年度の予備論文に合格した後の過ごし方を書いておきます。当時の私は、卒業のための単位の取得が終わっておらず、週10コマほどの授業に出席していたものの、バイトは週1に抑えた上で勉強をしていました。そのため、社会人受験生のような勉強時間を確保しにくい方には参考になりにくいかと思いますが、あらかじめご了承ください。




Ⅰ.口述模試
各種予備校が口述試験対策の模試を行っていますよね。申込み難易度がダントツに高いのは辰巳のものになりますし、刑事系は新庄先生(?)が担当しているらしく大変練習になるそうです。まず電話はつながらないので、予備合格後すぐに校舎に行けるようにしておいた方がいいらしいです。


そんな私は伊藤塾のものと資格スクエアのものを受けました。資格スクエアは合格後3~4日後、伊藤塾は試験の4~5日前くらいに受けました。誘導に乗りつつしっかりと受け答えする練習として模試は有用ですので受験した方がいいと思います。



Ⅱ.民事
1.使っていた教材
大島眞一「完全講義民事裁判実務の基礎 上巻」

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

いわゆる大島本です。こちらのリンクは改正民法を反映したものになっていますが、私は旧民法での試験だったため第2版を図書館で借りて、要件事実の部分のみを読みました。予備論文合格した次の日に図書館に行きましたが、まだ残っていたのが幸いでした。合格者が多い大学とかだとなくなりそうですね。朝起きてすぐの時間や授業の合間に読みましたが1週間弱で読み終わりました。予備論文までで要件事実をしっかり勉強している人はかなりのスピード感で読めると思います。


法曹会「民事判決起案の手引」
(これまだ売ってますよね…?)
私はこれの巻末についてる事実記載例集を要件事実の勉強のために論文の頃から使っていました。口述対策の期間には大島本を読んで新しく知ったことなどを一元化するものとして使いました。その後は要件事実の対策はこれさえ見ればよいという状態にして、残りの1週間を過ごしました。薄くて有用です。


過去問
伊藤塾で過去問全年度分をもらって自主ゼミ仲間とひたすら練習をしました。過去問でどんなことが聞かれているのかをしっかりと押さえましょう。旧試験までみたという人も聞きますが、そんなことをやっている時間はあまりないでしょうし、その分を要件事実をしっかり詰める時間にあてた方がいいような気もします。

ちなみに伊藤塾の口述模試を受験すると特典として過去問がもらえることになっていますが、私は論文合格後すぐにもらいに行きました。模試まで待っていると間に合わないと思ったので。模試の最後に、「過去問ってもうもらいました?」という既にもらっていることを想定している聞き方をされたので、少なくとも塾生は先にもらえるのではないでしょうか。塾に聞いてみてください。

2.勉強方針
私の作戦としては、民事は初めに聞かれる訴訟物・請求の趣旨・要件事実の問題で間違えないようにしようと思いました。出題範囲に無理もないし、はじめにしっかり答えられれば合格推定が働くからです。結果として、それはオーバーワークという人もいる大島本にまで手を出しましたが、知識をちゃんと詰めておいてよかったなと思いましたし、周りでも読んでいる人は多かったように感じます。


民事執行保全に関しては、保全方法の3つをしっかり答えられるようにしたのはもちろんですが、論文で執行も聞かれていたため、基本的な手続の流れを条文を確認しながら勉強しました(当時民事執行保全の授業も取っていたのはよかった)。


法曹倫理は過去問で聞かれた部分は押さえつつ、あとは何度も条文を読みました。それくらいしか対策のしようがない気がします。


Ⅲ.刑事
1.使っていた教材
山本悠揮「刑事実務基礎の定石」
予備合格直前に口述対策or再び受けるであろう論文対策として購入したものです。たしかによくまとまっていますが、口述との関係で役に立ったかというと微妙です。

論ナビ
伊藤塾の論証集を使って、刑法の各構成要件の定義を覚えなおしました。

過去問
民事と同様

2.勉強方針
口述の刑法部分については勉強段階から苦手意識を感じていました。というのも、図や表を示されずに口頭のみで事案を説明され、それにつき回答していくという形式に何度練習してもなれることができなかったからです。人物関係や行為を忘れてしまうんですよね。どうすればよかったのかはわかりません。

刑事手続については過去問を検討しながら、条文を規則までしっかり読みました。これに関しては得意だったものの、最近はあまり出題されていませんし、私の年でも聞かれませんでした。(訴訟指揮権の294条だけ聞かれた)

法曹倫理は民事と同様です。


Ⅳ.最後に
予備試験論文式試験に合格された方(発表は今日の16時のはず)、本当におめでとうございます。私は合格発表時間まで、当時今ほどではないまでも流行っていた鬼滅の刃の17巻を読んで悶えていました(推しキャラ死亡)。論文は天王山とも呼ばれており、これに合格したならばこれ以降の試験は少し安心していいような気がしています(私はこれを書いている段階では司法試験に合格していませんが)。口述試験までの2週間は本当に厳しいですが、なんとか頑張って勉強をやりぬいてください。応援しています。

ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

令和元年口述試験レポ〜2日目~

Ⅲ.2日目

2日目は午後からだったので、朝食をゆっくり食べた後、ゆっくり支度をしてから伊藤塾が開けてくれている待合室的な場所に行きました。9時くらいに行ったと記憶していますが、席は9割方埋まっていたので、同じ校舎の人の隣に座らせてもらいました。今年はコロナ感染防止の観点から、伊藤塾が休憩室を開けてくれるのかわかりませんが、感染対策をした上で開けてくれると嬉しいですね(他の予備校がやるとは思えませんし)。


集合時間になったら試験場へと向かいました。


この日は運が悪いことに受験する順番が最後の方になってしまいました。その間、これでもかというくらい最終確認をすることができましたが、トイレ休憩ができるとはいえ本当に辛かったです。ちなみにお昼は食べる気にならなかったので食べていませんでしたが、さすがに最後の方はカロリーメイトを食べました。常識の範囲内で飲食は許されていた記憶があります。


そんなこんなで発射台に連れていかれたのは16時半を過ぎていたと思います。なので、体育館で待機していた時間は4時間以上だと思います。受験生の皆様は最後の方はこれくらい待たされることを想定して種々の準備をしていった方がいいと思います。


民事の発射台はちゃんとした小部屋だったのですが、刑事の発射台は廊下の少し広めのスペースを区切って椅子が並べられていました。扱いの差が気になります。


こちらも再現の通り、刑事の結果は散々なものとなりました。主査から「はい、もういいですよ。」と言われたときから頭の中で不合格の文字がぐるぐると回りだし(これはマジ)、出口のところで名札のようなものを返却したり電子機器の入れた封筒をあけたりする作業の一つひとつが上手くできませんでした。係員の方に「お疲れ様でした~」と優しく言われたときは本当に泣きそうになったのを覚えています。本当に絶望でした。


(当日の私は初めの罪名からほぼすべて間違えており、合格推定をはたらかせることができなかったのでしょう。だから、主査からの追及も激しかったのだと思います。)


そんな心理状態のまま帰宅して口述試験レポは終わりとなります。結果として合格していて安心しました。


ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

令和元年口述試験レポ〜1日目②〜

【待合室〜ホテル】
午前組は試験が終わると午後組の集合が終わるまでまた別の部屋に待機させられます(午前組と午後組の接触を防ぐため)。この待合室ではもちろん私語は禁止されているものの、かなり和やかな雰囲気が流れていました。トイレも自由に行けましたしね。


私は試験を終えてから少し経ったらすぐに帰っていいように言われたため、帰路につきました。


ホテルに帰る前に、試験場からすぐ近くのホテルに伊藤塾が休憩所みたいなところを設けているのでそこに行きました。受験生が作成する再現みたいなものを見るためです。休憩所が見つからず、数人の受験生とともにウロウロしたのは内緒です。


f:id:housousibou_bttf:20210110094514j:plain


↑少し待っていたらこんな感じのやつが作成されたので写真に収めて帰りました。提出義務がある人は再現を作成する手掛かりになりますし、1日目の自分が受けてない科目で何が出題されたのかを確認することは2日目の対策の目安になりますので見に行くのはアリだと思います。伊藤塾の講座を取ってなくても入れた気がしますが、一応確認してみてください。


(ありがたいのは確かですが、こういうみんなが目にするものを作成していける人ってすごいですよね。法曹目指す人ってやっぱりみんな自信があるのかなあ…)


ホワイトボードを写真に収めたらすぐにホテルへ向かいました。ホテルの部屋に帰ったら勉強しようと思ってはいたのですが緊張からか、疲れを感じたため1時間ほど寝ました。夕食は近くにファミレスがあったためそこで摂ってもよかったのですが、受験生の近くに行きたくなかったですし、靴も革靴しかなくてなんか人目に触れたくなかったので、ホテルの室内でゆっくりするのが好きなのでコンビニで買って部屋で食べました。


というかビジネスホテルの室内でゆっくりするの好きなんですよね。試験後もバイト代と給付金を携えて一人旅行に行ったんですけど、GO TO適用されるとは知っていてもビジネスホテルがいいなあって思ってしまうんですよね。


1日目は終了です。次回は2日目と私の予備論文合格後の2週間の過ごし方について書きたいと思います。





ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

令和元年口述試験レポ~1日目①~

前日編の続きとして書いていたものがほとんど消えてしまい、萎えに萎えてしまいましたが、気合を入れなおして頑張って書いていきたいと思います。



Ⅱ.1日目


【起床~体育館】
朝食開始の30分ぐらい前に起床して、準備をしてから朝食会場に向かいました(温泉卵is神)。その後、集合時間に普通に間に合うくらいの時間にホテルを出発して、試験会場へと向かいました。合格率90%超の試験ではありますが、口頭で回答という試験の性質上、精神状態が結果に大きく関わるので、試験の朝に電車に乗らずに済んだのは大きかったと今でも思います。


会場前ではもはや風物詩ともいえよう伊藤塾長の姿が。特に思い入れもないので会釈のみで通り過ぎましたが、毎年すべての試験でああやって駆けつけているのもすごいなあと思ってしまいます。どこに住んでるのか知りませんが、朝起きるのめんどくさそうだし大変そう(小並感)。


建物に入るまでも少し待たされました。受付の混乱を防ぐためか、少しずつ人を入れていたからです。係員の方も大変ですね。どれくらいお金をもらっているのでしょうか。


建物内の2階に体育館のようなスペースがあり、そこに大量のパイプ椅子が並べられています。受付時に伝えられる部屋番号と受験する順番に応じて、自分の席に座ります。座ると電子機器は封筒に入れた上でカバンの中にしまうように伝えられます。会場では電子機器は使えないのでね。ちなみに部屋と番号は試験当日までわかりませんし、完全なガチャになります。みなさんがSSRを引き当てられることを祈ってます。


そして、試験時間になると各部屋の1番目の人は試験室へ、2番目の人は試験室近くの小部屋(いわゆる発射台)へと一斉に連れていかれます。3番目以降の人は前の人が終わるごとに係員に呼び出されて発射台へと連れていかれます。部屋ごとに進む早さが異なるのも口述試験の醍醐味ですよね。進みが遅い理由は試験官が優しく誘導が丁寧だとも考えられるし、詰めがきついハズレ部屋であるとも考えられますよね…。



【トイレ事情】
体育館でのトイレ事情ですが、1日目は係員がトイレに行きたい人を集め、一定数が集まるごとにトイレに連れていくという形式をとっていました。例年もその形式だったのだと思います。ところが、2日目になるとトイレに行きたい人は各自席を立って、係員にトイレに行きたい旨を告げた上で自由に行けるようになりました。1日目の形式が非人道的であるとの指摘でも受けたのでしょうか()


発射台でのトイレの行き方は体育館とは異なります。行きたい人は席に着いたまま黙って手を挙げます。すると係員の方がその人のもとに来ますので、トイレに行きたい旨を伝えると付き添える人員が確保できるか確認した上で(?)、行くことを許可してもらえます。場合によっては行くまでに時間がかかるので、発射台に連行されるまでに言っておいた方がいいかもしれません。



【発射台~試験室】
わたしは1日目は5~6番目だったのですが、それでも開始から2時間後くらいに発射台に連行されたと記憶しています。発射台でも勉強をすることができますが、私は2時間もパイプ椅子に座り続けてひたすら一元化教材と六法を読むという作業をこなした後だったため、緊張感と相まって既に疲労状態にあり、目をつむって待つことにしました。隣の隣の女性は大事そうに塾長からの手紙を読んでいました。人によって信仰度が違うことがわかるいい例ですね。


発射台に連行されてから20分後くらいに試験室へと呼ばれました。試験室の扉の前に立たされ、扉の横にあるシートの上に荷物を置くように言われ、置き次第自分のタイミングで入室をするように言われます。ちなみにこの試験室は検察だかなんだかの研修所みたいなものを使っているらしく、ホテルのフロアのように扉がいくつも並んでおり、試験室内もシングルの部屋からベットなどのものを取り除いたような構造となっていました。なんか不思議な雰囲気でしたね。


再現でも書いた通り、民事の方はだいぶうまくいったためホクホクしながら試験室から出ることができました。


続きはまた書きます。


↓クリックで応援お願いします
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

令和元年口述試験レポ~前日編~

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。最近再び新規感染者も増えてきたようで、生活への制約が緩和されるどころか強まる一方でなんだか疲れてしまいますね。


令和2年”度”の予備試験論文式試験の合格発表の日が迫ってきたため、昨年度の口述試験を受験してみた感想や過ごし方をお伝えできればと思います。口述式試験の再現は既にUPしてありますので、ご興味のある方はそちらも併せてご確認ください!

housousibou-bttf.hatenablog.com

housousibou-bttf.hatenablog.com



※受験日から1年以上が経過しており、記憶にあいまいな部分があります。
※昨年度と今年度の試験では、試験形態や発射台までの流れなど異なる部分がある可能性があります。


Ⅰ.前日

試験当日に浦安まで行くのは時間がかかりますし、精神衛生に悪そうだったので前日から宿泊することにしました。ホテルは浦安にある、試験会場から徒歩7~8分の場所にある「マイステイズ新浦安」に宿泊しました。宿泊費用は安くはなかったのですが、試験以外の負担をできるだけ減らしたかったのでこのような選択になりました。

私以外にも口述試験の受験者とみられる方々がいました。


前日は大学の授業が終わってから準備をしたのですが、ここで少々トラブルが発生…。なんだか頭が痛いので念のため熱を測ってみると、37℃ちょっとある。動けないくらいじゃないけど、勝負がかかっているのにこれはまずい(というか、今のご時世だったら熱のある状態で人ごみに突っ込んでいくのは考えられませんよね…。)。

とりあえず解熱剤を放り込んで電車に乗り込み、浦安までの道のりは寝ることにしました。


そんなこんなで、新浦安に着弾したのは17時前だったかと思います。新浦安駅の一つ前の駅は舞浜で、当時はTDRの年パスを所有し毎週のように通っていた場所でしたが、心を鬼にして何とか通過しました。


ホテルのチェックインを済ませたころには薬が効いてきたのか、熱も下がっており、やたらと元気な状態に。非日常的な気分を楽しみながら、要件事実の確認をしながらゆっくりと休みました。(ちなみに私は1日目午前民事、2日目午後刑事でした。)そんなこんなで前日は終わった気がします。


ちなみに口述試験なのにキャリーバックとか持っていきたくないマンだったので、スーツにあわせても変ではなさそうな真四角のリュックサックに、パーカーとスウェット(外出用)、お菓子、口述の一元化教材のみを入れていきました。



1日目は書いていたら長くなったので別記事にします。




ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

再現答案と短答の点数

ついに、再現答案8科目分を書き終えました。疲れました。出来が悪かった行政と刑法は心が折れそうになりましたし、行政法に関しては何を書いたのかあまり思い出せませんでした。


再現のUPを…と思っていたのですが、今あげると5chの槍玉にあげられそうなのでやめておきます。



それと短答の自己採点を行いましたが、伊藤塾と辰巳のもので、両方140点となりました。割れてる部分は伊藤塾が正しそうですね。


150点取れないかなあとか思ってたので少し残念ですが、このまま140点キープしてくれれば御の字です。



それからこのブログについてどうしようかなあと考えているのですが、あまり書くテーマが思いつきません。もし何かあればコメントいただけると幸いです。それについて書かせていただきます。


とりあえずは就活を進めないとですね。頑張ります。

ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村