海の底から司法試験

都内大学生による司法試験合格に向けた勉強の備忘録

司法試験延期を受けて

本日、正式に法務省から司法試験・予備試験を延期するとの発表がありました。


私は幸いなことに実家で無職のまま勉強をさせてもらえるのでそこまでの負担はありません。(延期期間がそこまで長くない前提)

ですが、受験生によって事情は様々でしょうし、SNS等で言われているように決行でも延期でも文句が出るのは仕方のないことです。せめて最大公約数的な実施日が決定され、早急に発表されることを願います。


ところで勉強の計画に狂いが出てくるわけですが、せっかくなので過去問を平成18年度の分まで遡ってみようと思います。もちろん答案構成(すこし丁寧ver)で。また、時間があったらやりたいと思っていた、商法の短答(論文に関連する部分のみ)や橋爪連載を読んでみようと思います。

刑法総論の悩みどころ (法学教室LIBRARY)

刑法総論の悩みどころ (法学教室LIBRARY)

  • 作者:隆, 橋爪
  • 発売日: 2020/03/11
  • メディア: 単行本


というのも、3月末からいわゆる古江本を読んだのですが、これがかなりよかったのです。重要論点への理解が深まり、対立する学説への知識も整理することができました。

事例演習刑事訴訟法 第2版 (法学教室ライブラリィ)

事例演習刑事訴訟法 第2版 (法学教室ライブラリィ)

  • 作者:古江 頼隆
  • 発売日: 2015/03/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


同様に橋爪連載も読んでもそんなに時間は掛からないので大丈夫だと思います。


また、短答も進めておくチャンスですからね、しっかりやります。


上位合格できるように勉強やるぞー!



ランキングに参加しています
↓クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

TKC模試 結果②

TKC模試の調整後の点数と現時点での順位が発表されました。


公法系 B

 憲法 D

 行政 A


民事系 B

 民法 B

 商法 B

 民訴 B


刑事系 A

 刑法 A

 刑訴 C


労働法 B

第1問 D

第2問 A


論文 A(上位9.5%)

短答 C(上位34.3%)

総合 B(上位10.1%)



あと2つ順位が上なら総合でもA判定がもらえたのでそこは残念です。やはり短答はもっとやらなければなりませんね。ですが、こっそり目標にしていた上位10%目前まで来られたのは嬉しいです。


論文は全体的にもう少し点を取る意識、具体的には、基本的な部分を丁寧に示していくことを強く意識して数点でも底上げしていく必要がありそうです。憲法は知りません。


あと1か月間、300位以内(できれば200位以内に入りたいです…)での合格を目指して、でも受かることよりも落ちないことを意識して淡々と勉強を続けていくつもりです。



ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

TKC模試 結果①

TKCの司法試験模試の添削済み答案が返却されました。まだ調整前なのでこれから点が変化する可能性がありますが、とりあえず素点を載せておきます。


憲法 52点

憲法は形式面がしっかりできました。反論は妥当なものが書けましたし、議論の噛み合わせも意識できました。そのため、形式点も満点がもらえていたのは満足です。(三者間よりも二者間の方が圧倒的に書きやすい…)

ただ、内容がそれほど難しくなかったので本番で同じくらいの答案を書けるのかは怪しいので、もう少し訓練が必要です。


行政法 62点

行政法は苦手でして、処理が追いつきません。会議録に書いてあることに終始沿って書いていきました。採点実感を見る限りこんな感じである程度の点数は取れそうです。


民法 31点

民法は設問3以外が壊滅していたので、むしろ点がもらえているようです。過去問詰めます。


商法 52点

商法は満遍なくできたと言えれば聞こえはいいですが、問題自体が簡単だったので全体的に落としたところが多いです。設問1苦手…。


民訴 54点

民訴は得意科目のつもりだったのですが、今回は設問3が何を聞かれているのかさっぱりでした。でも、わかることだけ書いといたらちょっとだけ点数入ってました。ありがたい。


刑法 72点

これは流石に採点甘い。設問2は自説を判例に沿って書いたけど、論理が甘いと思う。あのあと復習してるから本番出ても大丈夫そう。重判読んどいてよかった。


刑訴 32点

これが謎採点。間違いようのない設問2がコメントなしにごっそり引かれてる。まあ模試なので気にしないようにする。


労働法 第1問 27点 第2問 40点

第1問は問題読み間違いで無期への転換を認めてるので、本番だともっと低そう。まあでも当てはめ評価されてるのは嬉しい。

論文合計 423点→740.25(53%弱)

短答合わせて 850.25点


この点数だと上位合格は夢のまた夢ですね…。低くても40点くらいには乗せたいな。



ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

ありがたき出題趣旨・採点実感

本試験まであと約60日しかないということで、最近も過去問演習・研究を続けています。ペースメーカー論文答練も次々と家に送られてくるのですが、優先すべきは過去問演習ですのでペー論はしばらく放置です。


ところで、予備試験になくて司法試験にあるものの一つとして採点実感というものがあります。出題趣旨は近年では予備試験にはあるにはあるものの、司法試験に比べるとかなり簡素ですよね。ただ、令和元年のやつは丁寧めでしたが。


で、この採点実感というものが非常にeducationalなものになっておりまして、理論面・事実認定の両面に関して、こういう記述がクソでした、とか、こういう風に書いてくださいねとか指定してくれています。


例えば、刑訴の採点実感では、強制処分該当性の規範定立については、なぜ「重要な」権利利益の制約となるのか重要な権利利益と「身体・住居・財産等」の文言の関係性を理由づけで明示すること、あてはめでは、制約される権利利益を具体的に指摘することが要求されています。


強制処分該当性は司法試験で頻出であるだけでなく、伊藤塾の論証や解答例も必ずしもこの指摘に応えられていないということもあって、採点実感の指摘は非常にタメになっています。


こんな感じでこれからも過去問研究を続けていきたいと思ってます。



ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村

令和元年口述刑事 再現

質 問(主査・副査の動向) 回 答 内心の動き
今から事案を読み上げますのでよく聞いてください。甲と乙は飲食店で働いていますが、ある日客のAの態度が悪かったことに腹を立て外に出たAに対して、意思を通じた上で、甲はAの腹部に暴行を加え、乙はAの頭部に暴行を加えました。Aはこれにより硬膜下血腫の傷害を負いました。甲と乙はどのような罪責を負いますか。 乙には傷害罪が成立し、暴行罪の限度で共同正犯となり、甲には暴行罪が成立します。 財産犯じゃないの!?Aの障害は乙の暴行から生じたわけね…。
ん…?(答えを繰り返される) あ、甲は暴行罪の共同正犯です。 え、間違えてるか。
意思を通じてるんだよ? すみません。傷害罪の共同正犯です。 ああ…なんでこんなミスしてるんだ。。やばい(ここから極度の混乱状態に陥ります)
事案を変えます。通行人丙は甲と乙が暴行を加えた後、甲乙と意思を通じずに、うずくまっているAに対して暴行を加えた。Aは傷害を負ったが、Aの傷害は甲乙丙のいずれの暴行から生じたのかは不明だった。丙はいかなる罪責を負いますか。 丙には傷害罪が成立します。 207の事例のはず
意思を通じてないのに傷害罪が成立するの? 同時傷害の特例が適用されるからです。
何条? 207条です。 これは大丈夫
207条の趣旨は何? えーと、同一の機会に暴行が加えられた場合にいずれの暴行から結果が生じた場合でも共犯関係があるのと同様に考えて傷害結果の帰責することにあります。 趣旨!?判例が言ってた気がするけど、覚えてないよ。。
うーん(笑)要件と趣旨が混ざってるな はい。。 同一の機会の部分だな。。。
207っていずれの暴行から結果が生じたのかわからない場合に適用されると思うんだけど、本件では甲乙の暴行から結果が生じたことは判明してるよね?それでも適用していいの? たしかにそうですが…丙も暴行に加功している以上、なおいずれの暴行から生じたのかわからないといえると…思います。 まあたしかに。。でもこれは適用されるやつだよね。28年判例もそんなようなことを言ってた気がする。でも曖昧なこと言えないし。。
ふうん。さっき、同一の機会って言ったけど、本件では同一の機会といえるの。 いえます。 これはいえるはず。
あてはめてみて。 はい、本件で丙が暴行をしたのは甲乙が暴行をした直後でありますので…時間的場所的接着性がありますので、同一の機会があるといえます。 時間的場所的接着性でいいのか?
では、甲乙丙の暴行によりAが死亡した場合は丙は何の罪責を負いますか。 傷害致死罪です。 致死への適用
でも、条文には「傷害した」って書いてあるのに致死に適用していいの? いえ、致死への適用はありません。 これが28年の判例って教えてもらったからな。
ん?でも傷害致死は成立するんでしょ。 はい、傷害罪に適用される結果として、結果的加重犯としての傷害致死罪も成立します。 え?教えてもらったやつは通じないやつ?
それは致死への適用を認めてるのと同じじゃん(笑) そうですね。。 そうだったの!?もうわけわからんな。
さっきさ、事後強盗の話してくれたけど、強制性交等致死罪とか強盗致死罪への適用はあるの。 ありません。 これはテキストに書いてあった。
なんで? そのような罪は他の法益も含んでいるからです。
強制性交等致死は人の身体を守ってるじゃん(笑) えっ、でも…そうですよね。。えーとでも暴行から生じてないので。。。 ええ、どうしたらいいの???
暴行から生じてるじゃん(笑) そうですね。。。 (混乱)
(数秒沈黙)さっき他の法益って言ったけど、強制性交等致死の保護法益ってなに。 えーと、人の…人の性的自由です! これは助け船だ!じゃあ他の法益も含むであってるじゃん。泥船多いよ泣
じゃあ、事案を変えて、甲乙が暴行を加えた後、丙は意思を通じてAに暴行を加え、Aは傷害を負いました。丙はどんな罪責を負いますか。 暴行罪です。 承継的共同正犯だ。
暴行罪でいいですか。今回は意思を通じているので、承継的共同正犯が問題となると思うんですけど、今回は成立しないんですか。 成立しません 因果性及んでないよな。
あなたは承継的共同正犯についてどのように考えてる? 他の共犯者が引き起こした法益侵害との因果性を有している場合には承継的共同正犯となります。
んん?どういうこと? ええと、共謀前の先行行為を利用しなければ結果が生じない場合に共同正犯になるということです。 やばい、また通じない。。
先行行為を利用しないと…?え? 本件では先行行為たる甲乙の暴行を利用しなくとも傷害結果は生じますので、共同正犯にはなりません。 これも通じないのか。。
でもさ、Aは甲乙に暴行されたことで座り込んでいるから、丙はその状態を利用したとはいえない? たしかにそうとも思えますが…、座り込んだというのは暴行から生じた傷害そのものではないので、利用したとはいえないと思います。 裁判所はそういう風には考えてないよな。
じゃあ、結局どうなる? 先行行為から生じた結果を利用しなくともAには傷害結果が生じるので、先行行為は丙に帰責されません。 さっきと同じ説明しかできんぞ…?
もう一度確認しますが、本件では何罪が成立する? えと、暴行罪です。
でもさあ、なんか全体を評価して傷害結果を帰責できないの? あ、、同時傷害の特例が適用されます。 !!!そうだ、忘れてた。。。
本件で適用できるの? できます!
でもさあ、207って共犯関係がない時の規定じゃん。 たしかにそうですが、共犯関係がない時にも適用されることとの均衡から、共犯関係があるときにも適用されます。 この説明しかできない
そうだね。じゃあパネルをめくってください。甲は傷害致死罪で起訴されました。裁判所は甲がAの頭部を殴り、乙が腹部を殴ったとの心証を抱きました。裁判所はどうするべきですか。 えーと。 これは、訴因変更について聞かれるやつだ。。。訴因変更の要否だけど、よくわからん。
訴因変更を促すってことだよね。根拠条文はありますか。 刑事訴訟規則208条1項です。 こういう勉強はしてきたから答えられるんだよなあ。
刑事訴訟法にはありませんか。 えーと、、訴因変更を命じる、、 え、ちがうってことか。
訴因変更命令の条文はあるけどさ、そうじゃなくて一般的にこれこれしてくださいっていう条文ない? えーと、訴訟指揮権だと思います。。
何条? 294条です。 これも覚えてる。
はい。訴因変更をすべきかどうかは一般的にどのように考えますか。 まず、罪となるべき事実の画定に必要な事実に変化があれば変更が必要になります。それ以外の事実でも、被告人の防御のために重要で、かつ訴因に明示されている場合は訴因変更が必要です。しかし、被告人にとって不意打ちとならないのであれば変更は必要はありません。 判例の規範だいたい答えるしかない。
はい、では今回はどうですか。 どこを殴ったかは実行行為であって、それは罪となるべき事実の画定に必要ではありません。そして、どっちがどこを殴ったかということは… 自信ない
でも、頭の傷害によって死亡してるんだよ? あっ、はい、それなら被告人の防御にとって重要な事実なので訴因変更が必要となります。 そうなんだ。よくわからん。
では、裁判所は丙が共謀したとの心証を抱かず、同時傷害の特例が適用されるとの判断をしました。訴因変更は必要ですか。 えーと、60条と207条のどちらが適用されても共犯関係になることには変わりはないので罪となるべき事実の画定に必要ないので…
え、共謀と同時傷害はどっちが大きい丸なのさ えーと マル!?????何の話だ、意味が分からん、どっちもほぼ同じじゃないのか。
共謀の方が重いからさ、小さい丸だとするとさあ、 そ、そうですね、共謀を認定した方が被告人の防御にとって利益になるので。。 !!縮小認定の話か。だとしてもよくわからん。。
え??なんか混乱してない? え、えーと、どちらか小さいとか、なんというか、同じようにしか思えないのですが。。。 もう正直に言おう。
そうですか。以上です。 えっ……ありがとうございました。 えっ、おわり???打ち切りじゃん。終わったな。。。


(今見返してみての感想)
まず、成立する犯罪を間違えるのはありえないですよね。これでできないやつ認定されて追求が強くなったんだと思います。
あと、承継的共同正犯のところと207条のところは最近になって理解しました。主査の反応もうなづけます。
ただ、最後の縮小認定のところは今聞かれたとしても落ち着いて答えられる自信がありません。

ランキングに参加しています。
↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

TKC司法試験模試

昨日、TKCの司法試験対応模試を受験し終わりました。


模試までは答案を一日に2枚以上書いたことがなかったため、目標としては書きたいことを時間内に書ききることを目標にしていました。また、短答に関してはあまり学習が進んでいなかったのと、そこまで苦手意識はないことから特に目標は設けていませんでした。できてもできなくてもどっちでもいいやって感じですね。


短答の自己採点は済んでいますが、点数は
民法 52/75
憲法 28/50
刑法 30/50
計  110/175
となり、まあ足切り寸前ですね。やばいやばい。


でも、模試に向けて短答は少しずつ進められているのでこの調子で詰めていこうと思ってます。


問題の論文ですが、とりあえず書ききることができました。分量も、労働法は3頁半×2、公法系と民事系は6頁前後、刑事系は7頁かけたので”分量的には”合格ラインではないかなと思ってます。


ただ、内容的には本試験よりも少し、若しくは大幅に難易度は落ちそうなのと、難しさの方向性が違うって感じですね。模試の悪いところです。まあまた結果が出たらよく分析したいと思います。



ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
他の受験生のブログも見られますので是非!
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

最近のこと

おはこんばんにちは。うみづきです。お久しぶりの更新になります。


ここのところ、どこもかしこもコロナウイルスの話題でいっぱいですが、あまりヤバさを認識できていません。ほぼ毎日(マスクをつけて)近所や大学の図書館、カフェに行ってるけど大丈夫なのかな。周りの人もマスク別につけてないし…。


最近の勉強はといいますと、あまり進捗が芳しくありません。というのも、年明けまでは大学の授業やらいわゆる冬クラが忙しく、年明けはゼミ論執筆に追われていましたので勉強時間が取れていませんでした。


過去問は六法+行政法は2013〜2018年度分、労働法は2015〜2018年度を解き終えました。とりあえずこの状態で模試に挑もうと思います。


短答はあまり進んでいないのですが、民法憲法は一通りやって模試に行こうと思います。

憲法は特に苦手で、予備の時は伊藤塾の肢別の問題集を使ったものの、イマイチ過去問との相性が悪かったと感じたので、今回は過去問のみで臨もうと考えています。

そのため、憲法は巷でふくろうと呼ばれてるやつを使ってます。


正解率とか解説が充実してるのは言うまでもなく、表紙がカッコよかった()のでコレにしました。モチベ大事。


それでは、模試まではとにかく1日9時間以上を目標に淡々と頑張ります。心を燃やせ、ってね。


↓ランキングに参加してます。
クリックしていただけると励みになります。
他の受験生のブログを見られますので是非!

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村