海の底から司法試験

都内大学生による司法試験合格に向けた勉強の備忘録

戻ってきた勉強時間と一応の口述対策

こんにちは。うみづきです。

先日まで続いていた採点バイトがついに終了し、現在は大学の授業の合間とはなりますが無事に勉強時間を確保することができています。予備直前はあんなにも時間に追われ、勉強がつらく、試験が終わったらやりたいことをノートにメモするという生活を続けていたにもかかわらず、今となっては早く勉強を進めないと!という気持ちになってきています。司法試験の合格発表も終わり、成績返却の時期になってきたというのもあると思います。


そして、今やっていることといえば、前回お話した『事例研究 憲法 第2版』『基礎からわかる民事訴訟法』に加えて、万が一予備論文に通っていた場合のために実務基礎科目を詰めなおしております。(最下位でもいいから合格してないかなあ。。。)


この口述対策がまたよくわからず、再現をみる限りでは論文の実務基礎科目で聞かれることはもちろん、刑事の方では刑法や刑訴の基本的な学説や考え方も問われているようなのでやや横断的だなあと感じました。

そのため、民事執行・保全伊藤塾のテキスト、要件事実は『新問題研究要件事実』と『民事判決起案の手引』を引き続き使っていこうと考えています。「手引」の方は最後の方のページに事実適示記載例が載っているので実際に答案に書く形で要件事実が覚えられるし、新問研よりかなり網羅的なのでこっちを集約用のテキストにして、これからも進めていきます。

民事判決起案の手引

民事判決起案の手引


刑事の方は悩むところですが、とりあえずは刑法の短答を軽く復習しつつ、定義や学説、判例を逐一確認しています。また他の受験生や合格者のブログを見ながら修正しようとは考えています。


とりあえずは、予備の合格発表までなんとか勉強量を予備前の水準まで戻しつつ、合否によって口述対策もしくは国立ロー入試対策へと移っていくつもりです。


それでは。


ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
他の受験生や合格者のブログも見られますのでぜひ!
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村