海の底から司法試験

都内大学生による司法試験合格に向けた勉強の備忘録

良質な勉強環境って?

こんにちは。


引き続き口述の対策をしています。どの分野も大まかには頭に入っていて爆死することはないのかなと考えているのですが、それでも不安が残る分野があります。


要件事実ですね。。。


もともと事案の把握が得意ではなく、請求の趣旨や訴訟物を勘違いしてしまうことや焦って要件事実を落としてしまうことがあります。これは致命的ですよね。


口述の民事は要件事実の初めの部分がスラスラこたえられると合格推定が働くといわれています。そうだとすると、ここで間違えるのは避けたいです。そのため、残りの時間では要件事実を反射的に言えるように反論等も一緒に押さえつつ勉強していきたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ところで、最近感じたのは司法試験の勉強において勉強環境って最重要事項の一つではないのか、ということです。


私は大学受験の頃は、勉強は一人でするものだと思い、人と勉強することはほとんどありませんでした。


しかし、予備試験の学習においては全国統一的な模試が頻繁にあるわけではなく自分の位置がわかりにくくなると予備校の講師に言われ、勉強仲間と自主ゼミを行うようになりました。


幸運なことに私の周りには予備の論文に合格した人が多く、論文までの勉強のモチベーションも高く保てていました。また、普段勉強している人たちのレベルが当たり前になり足りない点は必死でインプットするので学習進度も遅くなることはなかったと思います。


そんな周りの勉強仲間に追いつけ追いつけ、でやってきた私は大学の友人の学習進度を見たときに、自分が割と進んだ地点まで来られていることに気づきました。自分一人ではここまで必死に勉強できなかった気がします。


これからもこの学習環境をフルに生かしつつ司法試験合格まで行きたいものです。


それでは。




ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
他の受験生や合格者のブログも見られますのでぜひ!
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村