海の底から司法試験

都内大学生による司法試験合格に向けた勉強の備忘録

第2回司法試験模試

お久しぶりです。


先日、伊藤塾から「司法試験 全国統一模試 第2回」を行うとの発表がありましたね。解説講義はないとのことですが、採点付きで¥9,900は安い!ということで、私も申込みが開始してすぐに会場受験を申し込みました。


2回目の模試は伊藤塾よりも先に辰巳が発表しており、値段は確か採点付きで5万円を超えていた気がします。辰巳は伊藤塾のクソ採点とは違って基本的な出題と懇切丁寧な採点が評判ですよね。私も2回目の模試を受けたかったのですが、値段が高いということで躊躇していました。


そんななかで狙ったかのように安い模試を同じ日程でぶつけてきた伊藤塾。正直なところ、伊藤塾の模試の問題は本試験とはかなり違う上、採点がテキトーな人が多いことはこれまでお世話になってきた過程で重々承知しています。しかし、個人的に模試の効用は、①新しい問題を厳格な時間制限の下で解くことで現実的な答案を書く練習をすること(場数を踏む的な感じ)、②模試に向けて自分の能力の一時的なピークを作ること、の2つにあると思っています。


②に関しては、あと2週間しかないので正直間にあうか怪しいですが、最近勉強がマンネリ化していたのでいい機会だと思ってピークを持っていけるようにやってみたいと思います。


やることとしては、①過去問の書き直し、②短答のまとめ上げ、③論証詰込み、④こまごました短文事例問題の残りを総復習を考えていて、これらがまとまれば充実した2週間になるのではないかなと考えています。


第1回とは異なり、優秀層の中には受けない人もいますので、目標としては
①短答合計130点(前回110点)
②論文上位7%以上(前回9.5%)
を掲げておきたいと思います。



ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村