海の底から司法試験

都内大学生による司法試験合格に向けた勉強の備忘録

予備論文合格後の過ごし方

私が昨年度の予備論文に合格した後の過ごし方を書いておきます。当時の私は、卒業のための単位の取得が終わっておらず、週10コマほどの授業に出席していたものの、バイトは週1に抑えた上で勉強をしていました。そのため、社会人受験生のような勉強時間を確保しにくい方には参考になりにくいかと思いますが、あらかじめご了承ください。




Ⅰ.口述模試
各種予備校が口述試験対策の模試を行っていますよね。申込み難易度がダントツに高いのは辰巳のものになりますし、刑事系は新庄先生(?)が担当しているらしく大変練習になるそうです。まず電話はつながらないので、予備合格後すぐに校舎に行けるようにしておいた方がいいらしいです。


そんな私は伊藤塾のものと資格スクエアのものを受けました。資格スクエアは合格後3~4日後、伊藤塾は試験の4~5日前くらいに受けました。誘導に乗りつつしっかりと受け答えする練習として模試は有用ですので受験した方がいいと思います。



Ⅱ.民事
1.使っていた教材
大島眞一「完全講義民事裁判実務の基礎 上巻」

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

いわゆる大島本です。こちらのリンクは改正民法を反映したものになっていますが、私は旧民法での試験だったため第2版を図書館で借りて、要件事実の部分のみを読みました。予備論文合格した次の日に図書館に行きましたが、まだ残っていたのが幸いでした。合格者が多い大学とかだとなくなりそうですね。朝起きてすぐの時間や授業の合間に読みましたが1週間弱で読み終わりました。予備論文までで要件事実をしっかり勉強している人はかなりのスピード感で読めると思います。


法曹会「民事判決起案の手引」
(これまだ売ってますよね…?)
私はこれの巻末についてる事実記載例集を要件事実の勉強のために論文の頃から使っていました。口述対策の期間には大島本を読んで新しく知ったことなどを一元化するものとして使いました。その後は要件事実の対策はこれさえ見ればよいという状態にして、残りの1週間を過ごしました。薄くて有用です。


過去問
伊藤塾で過去問全年度分をもらって自主ゼミ仲間とひたすら練習をしました。過去問でどんなことが聞かれているのかをしっかりと押さえましょう。旧試験までみたという人も聞きますが、そんなことをやっている時間はあまりないでしょうし、その分を要件事実をしっかり詰める時間にあてた方がいいような気もします。

ちなみに伊藤塾の口述模試を受験すると特典として過去問がもらえることになっていますが、私は論文合格後すぐにもらいに行きました。模試まで待っていると間に合わないと思ったので。模試の最後に、「過去問ってもうもらいました?」という既にもらっていることを想定している聞き方をされたので、少なくとも塾生は先にもらえるのではないでしょうか。塾に聞いてみてください。

2.勉強方針
私の作戦としては、民事は初めに聞かれる訴訟物・請求の趣旨・要件事実の問題で間違えないようにしようと思いました。出題範囲に無理もないし、はじめにしっかり答えられれば合格推定が働くからです。結果として、それはオーバーワークという人もいる大島本にまで手を出しましたが、知識をちゃんと詰めておいてよかったなと思いましたし、周りでも読んでいる人は多かったように感じます。


民事執行保全に関しては、保全方法の3つをしっかり答えられるようにしたのはもちろんですが、論文で執行も聞かれていたため、基本的な手続の流れを条文を確認しながら勉強しました(当時民事執行保全の授業も取っていたのはよかった)。


法曹倫理は過去問で聞かれた部分は押さえつつ、あとは何度も条文を読みました。それくらいしか対策のしようがない気がします。


Ⅲ.刑事
1.使っていた教材
山本悠揮「刑事実務基礎の定石」
予備合格直前に口述対策or再び受けるであろう論文対策として購入したものです。たしかによくまとまっていますが、口述との関係で役に立ったかというと微妙です。

論ナビ
伊藤塾の論証集を使って、刑法の各構成要件の定義を覚えなおしました。

過去問
民事と同様

2.勉強方針
口述の刑法部分については勉強段階から苦手意識を感じていました。というのも、図や表を示されずに口頭のみで事案を説明され、それにつき回答していくという形式に何度練習してもなれることができなかったからです。人物関係や行為を忘れてしまうんですよね。どうすればよかったのかはわかりません。

刑事手続については過去問を検討しながら、条文を規則までしっかり読みました。これに関しては得意だったものの、最近はあまり出題されていませんし、私の年でも聞かれませんでした。(訴訟指揮権の294条だけ聞かれた)

法曹倫理は民事と同様です。


Ⅳ.最後に
予備試験論文式試験に合格された方(発表は今日の16時のはず)、本当におめでとうございます。私は合格発表時間まで、当時今ほどではないまでも流行っていた鬼滅の刃の17巻を読んで悶えていました(推しキャラ死亡)。論文は天王山とも呼ばれており、これに合格したならばこれ以降の試験は少し安心していいような気がしています(私はこれを書いている段階では司法試験に合格していませんが)。口述試験までの2週間は本当に厳しいですが、なんとか頑張って勉強をやりぬいてください。応援しています。

ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村